使い方のヒント

FreeOffice 2021 for Linuxのインストール

SoftMaker FreeOffice 2021には、64ビット(x86_64、amd64)のLinuxディストリビューションで使用できる一連の64ビットアプリケーションが含まれています。32ビットディストリビューションはサポートされていません。

SoftMaker FreeOffice 2021は、次のディストリビューションの現行バージョンでテストされているので、その1つを使用することをお勧めします。

他のシステムへのインストールについて詳しくは、こちらをご覧ください。

SoftMaker FreeOffice 2021 for Linuxをインストールする方法は、次の2通りあります。

  1. SoftMakerのリポジトリを使用する:DEBベースまたはRPMベースのLinuxを使用している場合にお勧めします。いったんSoftMakerのリポジトリをLinuxシステムに追加すると、すべてのアップデートが自動的に配信されます。
  2. 当社のWebサーバーからダウンロードする:SoftMaker FreeOffice 2021を手動でダウンロードしてインストールします。アップデートがリリースされたときは、その新しいインストールパッケージを手動でダウンロードしてインストールする必要があります。

Debian

推奨:SoftMakerのリポジトリを使用する

SoftMakerのリポジトリを使用すると、SoftMaker FreeOffice 2021を簡単にインストールして最新の状態に保つことができます。

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力して、リポジトリを設定してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

su -
wget -qO - https://shop.softmaker.com/repo/linux-repo-public.key | apt-key add -
echo "deb https://shop.softmaker.com/repo/apt stable non-free" > /etc/apt/sources.list.d/softmaker.list
apt update
apt install softmaker-freeoffice-2021

システムでソフトウェアの自動更新を設定している場合は、Linuxパッケージマネージャーによって、SoftMaker FreeOffice 2021が自動的に最新の状態に保たれます。

システムでソフトウェアの自動更新を設定していない場合は、次のコマンドを入力すると、SoftMaker FreeOffice 2021が使用可能な最新版に更新されます。

su -
apt update
apt upgrade

別の方法:手動でインストールする

まず、SoftMaker FreeOffice 2021の.debインストールパッケージをダウンロードします。

ダウンロード

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

su -
apt update
apt install -f ./softmaker-freeoffice-2021_1040-01_amd64.deb

注:.debファイルを現在のフォルダー以外にダウンロードした場合は、./を実際に.debファイルがある場所のパスに置き換えてください。

サービスパックがリリースされたときは、最新の.debインストールパッケージを同じ要領でダウンロードしてインストールしてください。


UbuntuとLinux Mint

推奨:SoftMakerのリポジトリを使用する

SoftMakerのリポジトリを使用すると、SoftMaker FreeOffice 2021を簡単にインストールして最新の状態に保つことができます。

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力して、リポジトリを設定してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

sudo -i
wget -qO - https://shop.softmaker.com/repo/linux-repo-public.key | apt-key add -
echo "deb https://shop.softmaker.com/repo/apt stable non-free" > /etc/apt/sources.list.d/softmaker.list
apt update
apt install softmaker-freeoffice-2021

システムでソフトウェアの自動更新を設定している場合は、Linuxパッケージマネージャーによって、SoftMaker FreeOffice 2021が自動的に最新の状態に保たれます。

システムでソフトウェアの自動更新を設定していない場合は、次のコマンドを入力すると、SoftMaker FreeOffice 2021が使用可能な最新版に更新されます。

sudo apt update
sudo apt upgrade

別の方法:手動でインストールする

まず、SoftMaker FreeOffice 2021の.debインストールパッケージをダウンロードします。

ダウンロード

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

sudo apt update
sudo apt install -f ./softmaker-freeoffice-2021_1040-01_amd64.deb

注:.debファイルを現在のフォルダー以外にダウンロードした場合は、./を実際に.debファイルがある場所のパスに置き換えてください。

サービスパックがリリースされたときは、最新の.debインストールパッケージを同じ要領でダウンロードしてインストールしてください。


Manjaro

Manjaroでは、SoftMaker FreeOffice 2021がリポジトリに格納されるので、インストールが特に簡単になります。

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

sudo pamac install freeoffice

Manjaroのパッケージマネージャーによって、SoftMaker FreeOffice 2021が自動的に最新の状態に保たれます。


Fedora

推奨:SoftMakerのリポジトリを使用する

SoftMakerのリポジトリを使用すると、SoftMaker FreeOffice 2021を簡単にインストールして最新の状態に保つことができます。

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してリポジトリを設定します。

sudo wget -qO /etc/yum.repos.d/softmaker.repo https://shop.softmaker.com/repo/softmaker.repo

dnfを使用する場合は、次のコマンドを入力してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

sudo dnf update
sudo dnf install softmaker-freeoffice-2021

yumを使用する場合は、次のコマンドを入力してSoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

sudo yum update
sudo yum install softmaker-freeoffice-2021

SoftMakerのGPG鍵のインポートを確認するメッセージが表示されたら、指示どおりインポートしてください。

システムでソフトウェアの自動更新を設定している場合は、Linuxパッケージマネージャーによって、SoftMaker FreeOffice 2021が自動的に最新の状態に保たれます。

システムでソフトウェアの自動更新を設定していない場合は、次のコマンドを入力すると、SoftMaker FreeOffice 2021が使用可能な最新版に更新されます。

- yumを使用する場合:

sudo yum update

- dnfを使用する場合:

sudo dnf update

別の方法:手動でインストールする

SoftMakerのRPMインストールパッケージは、デジタル署名されています。SoftMaker FreeOffice 2021をインストールする前に、GPGの公開鍵をダウンロードする必要があります。

ダウンロード

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してGPG鍵をインポートします。

sudo rpm --import ./linux-repo-public.key

注:GPG鍵を現在のフォルダー以外にダウンロードした場合は、./を実際にGPG鍵がある場所のパスに置き換えてください。

この手順を飛ばしても、SoftMaker RPMパッケージをインストールできますが、GPG鍵がないというメッセージが表示されたときに[無視]を選択する必要があります。

次に、RPMインストールパッケージをダブルクリックして、SoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

サービスパックがリリースされたときは、最新のRPMインストールパッケージをダウンロードし、そのパッケージをダブルクリップしてインストールしてください。


openSUSE

推奨:SoftMakerのリポジトリを使用する

SoftMakerのリポジトリを使用すると、SoftMaker FreeOffice 2021を簡単にインストールして最新の状態に保つことができます。

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してリポジトリを設定します。

sudo zypper addrepo -f https://shop.softmaker.com/repo/rpm SoftMaker
sudo zypper --gpg-auto-import-keys ref

rootパスワードを入力して、これらのコマンドを確認してください。

次のコマンドを入力して、SoftMaker FreeOffice 2021をインストールします。

sudo zypper install softmaker-freeoffice-2021

システムでソフトウェアの自動更新を設定している場合は、Linuxパッケージマネージャーによって、SoftMaker FreeOffice 2021が自動的に最新の状態に保たれます。

システムでソフトウェアの自動更新を設定していない場合は、次のコマンドを入力すると、SoftMaker FreeOffice 2021が使用可能な最新版に更新されます。

- zypperを使用する場合:

sudo zypper update

- yumを使用する場合:

sudo yum update

- dnfを使用する場合:

sudo dnf upgrade

別の方法:手動でインストールする

SoftMakerのRPMインストールパッケージは、デジタル署名されています。SoftMaker FreeOffice 2021をインストールする前に、GPGの公開鍵をダウンロードする必要があります。

ダウンロード

シェルウィンドウまたはターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してGPG鍵をインポートします。

sudo rpm --import ./linux-repo-public.key

注:GPG鍵を現在のフォルダー以外にダウンロードした場合は、./を実際にGPG鍵がある場所のパスに置き換えてください。

この手順を飛ばさないでください。この手順を飛ばすと、「内部エラー」というメッセージが画面に点滅して、インストールに失敗します。

次に、RPMインストールパッケージを右クリックし、[プログラムから開く]を選択して、[YaST Software]を選択します。了解を押してインストールを開始します。

サービスパックがリリースされたときは、同じ要領でインストールしてください。


他のシステムへのインストール

使用しているシステムがここに記載されておらず、上記の手順に従ってSoftMaker FreeOffice 2021をインストールできない場合は、.tgz形式のインストールパッケージを使ってインストールできます。

まず、SoftMaker FreeOffice 2021の.tgzインストールパッケージをダウンロードします。

ダウンロード

ファイルを解凍します。

tar xvzf ./softmaker-freeoffice-2021-1040-amd64.tgz

注:.tgzファイルを現在のフォルダー以外にダウンロードした場合は、./を実際に.tgzファイルがある場所のパスに置き換えてください。

含まれているインストールスクリプトを実行します。

./installfreeoffice

文書のアイコンを元に戻す方法

FreeOffice 2021をインストールすると、DOCX、XLSX、PPTXなどの一般的なファイル形式のアイコンがFreeOfficeのアイコンになります。元のスタイルのアイコンに戻したい場合は、次のスクリプトを実行してください。

sudo /usr/share/freeoffice2021/mime/remove_icons.sh